「Wine 1.9.17」がリリース - 64bit例外処理やジョイスティックサポートが改良

S 20160822 100023

Wine開発チームは8月19日((現地時間)、開発版「Wine」の最新版v1.9.17を公開しました(公式ニュースPhoronix)。例外処理の改良やジョイスティックサポートの改善、不具合の修正などが行われています。

v1.9.17での主な変更点は以下の通りです

  • 64-bit環境における例外処理の改良
  • ジョイスティックサポートの改善
  • C++ランタイムのストリームサポートの改良
  • フォント埋め込みの改良
  • GDI+のメタファイルサポートの追加
  • その他不具合の改善

Direct3D関連の進捗に関してPhoronixは、ChangeLogの情報から、d3dx11に関する修正の記述がいくつか確認できるものの、いまだにDirect3D 11対応のゲームが動いたという報告はなく、またDirect3D CSMT (Direct3D Command Stream Multi-Threading)によってD3D対応ゲームのパフォーマンスが向上したという記述もないと分析しています。

Wineの次期安定版2.0は今年の秋にリリースされる予定ですが、D3D11とD3D CSMT関連の作業の遅延によって、少しリリースが遅れる可能性もでてきました。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク