「Wine 1.9.20」がリリースされる - 新しいクリップボードAPIの実装

S 20161002 102849

Wine開発チームは10月1日、開発版「Wine」の最新版v1.9.20をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。WineはWindows用のゲームやアプリケーションをLinux/macOS等、他のプラットフォームで動作させる事を目的としたソフトウェア。開発版は新機能導入のためのブランチで、二週間に一回最新版が公開されています。

v1.9.20で導入された機能は以下の通りです。

  • クリップボードAPIの再実装
  • WebService内のメッセージハンドリング
  • より多くのAPIセットライブラリ
  • さまざまな不具合の修正

Wineプロジェクトは次期安定版Wine 2.0で、Direct3D 11やDirect3D Command Stream Multi-Threading(CSMT)のサポートを行うべく作業を行っていますが、今回のリリースではめぼしい進捗がなかった模様です。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク