「Wine 1.9.8」がリリース - D3Dコマンドストリーミング実装のための準備が進む

S 2016 04 16 7 25 54

Wine開発チームは4月16日(現地時間)、「Wine」開発版の最新版v1.9.8をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。公式サイトより各種Linuxディストリビューション・Mac OS X用のバイナリ、ソースコードなどをダウンロードすることができます。

Wine 1.9.8では、ゲームパフォーマンスを改善するために必要となるWineD3Dコマンドストリームの実装に向けた作業が行われているほか、DirectX 11で必要となるShader Model 5の実装がさらに進められています。

またMonoエンジンの不具合の修正や、WebServicesサポートの改善、メタファイル中のグラデーションのサポート、WinHelpのテーブルフォーマットの改善のほか26の不具合の修正が行われています。

スポンサーリンク