Wine 2.0-rc1がリリース - メジャーバージョンアップ版のWin 2.0リリースが近づく

S 20161211 104011

Wine開発チームは12月9日、Wine 2.0の最初のリリース候補である「Wine 2.0-rc1」をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。WineはWindows用のゲームやアプリケーションをLinux/macOS等を他のプラットフォームで動作させるためのソフトウェアで、公式サイトより最新版のソースコードを無料でダウンロードすることができます。

リリース候補の公開によって、安定版リリースのためのコードフリーズ期間が始まり、開発者は使用者に対し、さらなるテストとフィードバックを要望しています。

rc1では以下のような修正が行われています。

  • Monoエンジンのバグフィックスアップデート
  • IDN名前解決のサポート
  • さらなるShader Model 5命令の追加
  • 回帰テストのさらなる修正
  • その他さまざまな不具合の修正

詳細はWhat's Newで確認することができます。Phoronixの分析によると、Wine 2.0の目標になると見られていた、D3D11関連のコミットは含まれておらず、ゲーム関連のパフォーマンスを向上させることが期待されていた、Direct3D Command Stream Multi-Threading(D3D CSMT)の作業も間に合わないと見込まれています。

Wine 2.0は機能よりもスケジュール優先になるのかもしれません。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク