Win 2.0正式版がリリース- Microsoft Office 2013をサポート

S 20170125 100415

Wine開発チームは、1月24日(現地時間)、Wineのメジャーバージョンアップ版「Wine 2.0」の正式版をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。

WineはWindows用のゲームやアプリケーションをLinux/macOS等、他のプラットフォームで動作させるためのソフトウェア。Wine 2.0はWineHQが、Wineを期間ベースの年一回リリースに変更して以降、始めての安定版ということになります。

Wine 2.0のハイライトとしては、Microsoft Office 2013のサポートと、macOSの64bitサポートがあげられています。内部的にはDirect3DやDirect2D、DirectDraw等グラフィック関連からはじまり、ユーザーインターフェイス、ネットワーク、サウンドまで、多くのコンポーネントの改良が加えられています。

詳細はWhat' new in Wine 2.0でご確認ください。同ページにはソースコードのダウンロードリンクも掲載されています。

S icon タイトル Wine 安定版
公式サイト http://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2051-wine-stable
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェア。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク