Wine 3.0に向けた最初の開発版「Wine 2.1」がリリース

S 20170205 94115

Wine開発プロジェクトは2月3日(現地時間)、来年公開予定の「Wine 3.0」に向けた初の開発版となる「Wine 2.1」をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。

Wine 2.1は安定版「Wine 2.0」のリリース後初となる開発版で、コードフリーズ期間中に先送りになっていた多数の不具合の修正や、いくつかの新しい機能の追加が含まれる、かなり大きなバージョンとなっています。

リリースノートは以下の通り:

  • Many fixes that were deferred during code freeze.
  • More Shader Model 5 instructions.
  • A number of improvements to MIME message handling.
  • Line breaking improvements in DirectWrite.
  • HID bus service now running by default.
  • Direct2D rendering improvements.
  • Various bug fixes.
  • Source release tarballs now use xz compression.

変更の詳細は公式アナウンスで確認することができます。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク