Wine 2.10開発版がリリース - Androidグラフィックドライバーの初期バージョンが追加

S 20170610 105758

Wine開発プロジェクトは9日、2週間に1回定期的にリリースされている開発版「Wine」の最新版v2.10をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。現在、最新版ソースコードを、公式サイトよりダウンロードすることができます。

v2.10では、まだ進行中の作業ですが、"wineandroid"としてAndroid版Wineのためのコードが追加され、初期版のAndroidグラフィックドライバーが追加されるなどAndroid対応に向けた修正が行われています。

加えて、WebServiceのDirectoryサポートの追加や、Direct2D関連の修正、RegEditのUIの改善、OLEクリップボードの修正、その他不具合の修正などが行われています。

  • Initial version of the Android graphics driver.
  • Dictionary support in WebServices.
  • A number of Direct2D fixes.
  • User interface improvements in RegEdit.
  • OLE clipboard cache fixes.
  • Various bug fixes.

詳細は公式ニュースで確認可能です。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク