Wine 2.17開発版がリリース - DirectWriteや仮想メモリの改良、OpenGL 4.6への更新など

S 20170916 90459

Wine開発プロジェクトは15日、2週間に1回定期的にリリースされている開発版Wineの最新版v2.17をリリースしました(Phoronix)。最新版ソースコードを公式サイトよりダウンロードすることができます。

Wine 2.17は、2017年末から2018年初頭の公開を目指して開発が進められている「Wine 3.0」の開発版で、安定版に向け新機能の追加が積極的に行われています。

最新版では、DirectWriteにおけるグレイスケールモードの改良や、desktopファイルのアプリケーション毎のStartupWMClassのサポート、仮想メモリの互換性の改善、WindowsCodecにおけるパレットハンドリングの改良、WebServiceの返信メッセージの改善などが行われています。

  - Better support for grayscale mode in DirectWrite.
  - Per-application StartupWMClass in desktop files.
  - Virtual memory compatibility improvements.
  - Palette handling improvements in WindowsCodecs.
  - Reply messages improvements in WebServices.
  - Various bug fixes.

またOpenGL DLLがOpenGL 4.6に更新されています。

変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク