Wine 2.19開発版がリリース - Android関連の改善など

S 20171015 91653

Wine開発プロジェクトは14日、2週間に一回定期的にリリースされている開発版Wineの最新版v2.19をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。

WineはLinuxやMacでWindows用ソフトウェアの実行を可能とするソフトウェアです。Wine開発プロジェクトは現在、2017年末から2018年初頭の公開を目指して開発が進められている「Wine 3.0」に向け、開発版で新機能の追加を積極的行っています。

v2.19ではAndroid向けに32-bit floatオーディオのサポートが行われたほか、Wineサーバーによる名前つきパイプの完全サポートや、GdiPlusのtransformの修正など、いくつかの新機能が追加されています。

新機能のリストは以下の通り:

  • Support for 32-bit float audio on Android.
  • Named pipes now fully handled by the Wine server.
  • Support for a new Microsoft root certificate.
  • More transform fixes in GdiPlus.
  • Some heap allocation optimizations.
  • Various bug fixes.

変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク