Wine 2.4開発版がリリース - Direct3D CSMT関連の作業が継続中

S 20170318 101732

Wine開発プロジェクトは3月17日、2週間に1回定期的にリリースされていてる開発版「Wine」の最新版v2.4をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。現在、最新版ソースコードを、公式サイトよりダウンロードすることができます。

Wine 2.4での主な変更点は以下の通りです:

  • Built-in implementation of cryptographic hashes.
  • Mono engine updated with upstream fixes.
  • More Direct3D command stream work.
  • Simulated bold and italic in DirectWrite.
  • Improvements to the XML reader.
  • Various bug fixes.

Monoエンジンの更新や、XMLリーダーの改良のほか、Direct3D command stream関連の作業が行われています。

Direct3D CSMTはLinux上でWindows用ゲームのパフォーマンスを向上させるために必要となる技術ですがv2.0には間に合わず、現在の開発版でもいまだに作業が継続しています。次期安定版までに完成するのかどうか注目を集めそうです。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク