Wine 3.0 RC5がリリース - さらに不具合の修正すすむ

S 20180106 92223

Wine開発プロジェクトは1月5日、Wine 3.0系の5番目のリリース候補となる「Wine 3.0 RC5」をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。

WineはLinuxやMacでWindows用のプログラムを動作させるためのソフトウェアで、開発プロジェクトは2018年初頭の公開を目指し、次期安定版「Wine 3.0」の開発を進めています。

開発はコードフリーズ期間に突入していて、RC5でも不具合の修正だけが行われています。

  • Bug fixes only, we are in code freeze.

Slingplayer 2.0のセットアップアシスタントがクラッシュする問題や、regeditのGUIフィードバックが表示されない問題、Eclipseが起動時にクラッシュする問題など合計9件の問題が修正されています。

変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク