Wine 3.3開発版がリリース - Vulkanサポートが開始

S 20180303 105538

Wine開発プロジェクトは3月2日、2週間に1回定期的にリリースされている開発版Wineの最新版「Wine 3.2」をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。

WineはLinuxやMacでWindows用のプログラムを動作させるためのソフトウェアで、開発プロジェクトは現在、来年公開予定のWine 4.0正式版を目指し、開発版のWine 3.x系の公開を続けています。

Wine 3.3では、グラフィックライブラリ「Vulkan」のサポートが始まったほか、Direct3Dマルチスレッドコマンドストリーム(D3D CSMT)やマルチサンプルテクスチャのデフォルトでの有効化、SDL経由のゲームコントローラーのサポートなど、以下に示す変更が行われています。

  • Beginnings of Vulkan support.
  • Direct3D multi-threaded command stream enabled by default.
  • Multisample textures enabled by default.
  • Support for game controllers through SDL.
  • Support for loading CIL-only .Net binaries.
  • Various bug fixes.

Wolf RPG Editorの問題の修正や、Max Payne 2、The Witcher 3のパフォーマンス改良など、Windosゲームに関する35点の不具合の修正も含まれています。

変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク