Wine 4.10がリリース - プラグアンドプレイドライバーのサポートが改良

S 20190611 101802

Wine開発プロジェクトは6月10日(現地時間)、2週間1回定期的にリリースされる開発版Wineの最新版「Wine 4.10」をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。

WineはLinuxやMacでWindows用のプログラムを動作させるためのソフトウェアで、開発版のWine 4.xは来年公開予定のWine 5.0正式版を目指し、2週間に1回新バージョンが公開されています。

v4.1では多くのDLLがPEファイルとして構築されるようになるという変更や、プラグアンドプレイドライバーのインストール機能の改良、Media Foundation APIのクロック同期機能の追加など、以下のような新機能が追加されています。

  • Many DLLs are built as PE files by default.
  • More support for installing Plug and Play drivers.
  • Clock synchronization in Media Foundation.
  • Volume adjustment in audio drivers.
  • Various bug fixes.

ゲームやアプリ、フレームワークに関連した44個の不具合の修正が行われていて、詳細はリリースノートで確認可能です。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク