Wine 5.0-RC1がリリース - 2020年の正式版へ向けた最初のリリース候補

S 20191215 63855

Wine開発プロジェクトは12月13日(現地時間)、開発版Wineの最新版「Wine 5.0 RC1をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。

Wine 5.0 RC1は2020年初頭の公開が計画されているWine 5.0の初のリリース候補で、Wineの開発は今後コードフリーズ期間に入ることになります。

主な新機能は以下の通りです。

  • Geckoの更新
  • Unicode 12.1へのUnicodeデータのアップデート
  • MSADO (ActiveX Data Objects)ライブラリの初期バージョン
  • WUSA(Windows Update Standalone)ツールでインストールのサポートを更新
  • kernel32/kernelbaseの再構築のさらなる進展
  • ECDSAキーによる署名のサポート
  • さままな不具合の修正

これを含め変更点の詳細は、リリースノートで確認可能です。

Wineは年に1回メジャーバージョンアップ版が公開されるシステムが採用されており、1月あるいは2月の正式版の公開まで、リリース候補による調整が続くことになります。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク