Wine 5.0正式版がリリース - Windowsゲームやアプリケーションとの互換性が大きく改善

S 20200122 95755

Wine開発プロジェクトは1月21日(現地時間)、LinuxやmacOSでWindowsアプリケーションを動作させるためのソフトウェア「Wine」の最新版「Wine 5.0」をリリースしました(公式ニュース)。

Wine 5.0は、1年間の開発期間を経てリリースされたWineのメジャーバージョンアップ版で、7,400以上の変更点が含まれています。

主な変更点は以下の通りです。

  • PE形式の組み込みモジュール: ELF形式ではなくPE形式になったことでゲームのコピー防止、チート対策プログラムが動作することが期待できる
  • マルチモニターのサポート: Wineでマルチディスプレイアダプターとマルチモニター構成がサポートされるようになった
  • XAudio2の再実装: XAudio2ライブラリがWineに追加。互換性を高めるためにFAudioライブラリが使用されている
  • Vulkan 1.1のサポート: Vulkan仕様のバージョン1.1.126までをサポート

変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

商用版の「CrossOver」を発売しているCodeWeaversと、Wineをベースとした互換レイヤーである「Proton」の開発に対するValveの資金提供により、ゲーム関連の修正が多数行われたようです。

Wineプロジェクトは1年に1回定期的にメジャーバージョンアップ版をリリースするシステムを採用しているため、来年の同時期にはWine 6.0が公開される予定です。

S icon タイトル Wine 安定版
公式サイト http://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2051-wine-stable
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェア。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク