Wine 5.1がリリース - Wine 6.0に向けて1年間の開発がスタート

S 20200203 94445

Wine開発プロジェクトは2月2日(現地時間)、開発版Wineの最新版「Wine 5.1」を公開しました(公式ニュースPhoronix)。

Wineプロジェクトは1年に1回メジャーバージョンアップ版を公開しており、Wine 5.1は来年初頭に公開予定の「Wine 6.0」に向けた初めての開発版ということになります。

Wine 5.1では以下のような新機能が追加されています。

  • PEクロスコンパイラとしてLLVM-MinGWを使用するためのサポート
  • JScriptおよびVBScriptのエラーの場所に関するより良いレポート
  • Winelibツールの再配置可能なインストールのサポート
  • Direct2Dでの楕円描画
  • OLEモニカの改良
  • さまざまな不具合の修正

変更点の詳細は、リリースノートで確認可能です。

S icon タイトル Wine 開発版
公式サイト https://www.winehq.org/
ソフトアンテナ http://www.softantenna.com/softwares/7034-wine-development
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェアWineの開発版。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク