iOS用作業自動化アプリ「Workflow 1.5.3」がリリース。Web APIとの連携が可能になる

NewImage

App Store Best of 2015にも選ばれたiOS用の作業自動化アプリ「Workflow」の最新版v1.5.3が10月18日にリリースされました。WorkflowはiOS 8.0以降、iPhone/iPadに対応したユニバーサルアプリで、既存のユーザーは無料でアップデートすることができます。

Workflow: Powerful Automation Made Simple App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥480 → ¥360 (記事公開時)
iOS用の作業自動化ツール。

Workflow 1.5.3の最大の新機能はWeb APIへの対応です。「Get Contents of URL」がカスタムヘッダー、POST、PUTリクエストをサポートしたことでWeb経由で提供されているさまざまなAPIを利用することが可能となっています。

また.zip、.tar.gz、.tar.bz2、cpio、isoといったアーカイブファイルを扱うための「Extract Archive」アクションや、APIと共に使用できる「Dictionary」「Set Dictionary Value」アクションが追加され、そのほか細かな修正が行われています。

新バージョンを使ったWeb APIの利用法はMacStoriesで詳しく説明されています。Workflowユーザーはこちらもどうぞ。

スポンサーリンク