Apple、WWDC 2019基調講演の招待状を送付し、iOS用アプリもアップデート

WWDC 2019 hero

Appleは本日、2019年6月3日午前10時(太平洋標準時。日本時間では6月4日午前2時)から開催する「WWDC 2019」の基調講演の招待状をメディアに送付しました(MacRumorsiDownloadBlog)。

WWDC 2019の基調講演は、カリフォルニア州サンノゼのMcEneryコンベンションセンターで開催され、iOS 13やmacOS 10.15、watchOS 6、tvOS 13などAppleのオペレーティングシステムの新バージョンが発表されると見込まれています。

iOSではダークモードの導入や、組み込みアプリのアップデート、iPad関連機能の強化が予想されているほか、watchOS 6ではApple Watch向けのApp Storeの登場が予想されています。またmacOS 10.15ではiOSとmacOSの共通アプリ開発基盤「Marzipan」に関する発表があると見込まれています。

ハードウェアでは2019年中の発売が予告されている、新型のMac Proの発表が期待されます。

WWDC App
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
価格: 無料
Appleの世界開発者会議WWDC専用アプリ。

また同時にWWDCのiOS公式アプリWWDC 7.3が公開され、通知管理用の新しいプロファイル領域や、ラボのバーチャル列、Appアイコン選択に対応し、軽微な改善とバグ修正も行われています。

スポンサーリンク