Apple、不具合を修正したiOS版「WWDC 5.0.1」をリリース

NewImage

Appleは6月7日(現地時間)、iOS向けの「WWDC」アプリをアップデートし、最新のv5.0.1をリリースしました(MacRumors)。来週月曜に迫ったWWDC 2016の開催に向けていくつかの不具合が修正されています。

WWDC App
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
価格: 無料
Appleの世界開発者会議WWDC専用アプリ。

v5.0.1の修正内容としては、ニュースやスケジュールが正しく表示されない不具合の修正や、Apple TVのビデオの信頼性の向上があげられています。

• News displays properly in all cases.
• Friday sessions display correctly on iPad with a time zone outside of PDT.
• The schedule updates correctly in all cases.
• VoiceOver label is correct for the shuttle stop on Thursday’s Bill Graham Civic Auditorium map.
• Videos on Apple TV are more stable.

WWDCアプリは来週6月13日から開催となるWWDC 2016に出席する人、およびそうでない開発者双方に向けて公開されているもので、セッションやイベントの開始時間を確認する機能のほかに、ライブストリーミングを視聴する機能等も搭載されています。

WWDCが待ちきれない開発者の方は、アプリを更新しておくことをお勧めします。

スポンサーリンク