非公式のmacOS版WWDCアプリがアップデート - アノテーションやブックマーク機能が追加

S 20170601 113044

6月5日よりAppleの開発者会議「WWDC 2017」が開催されます。これを控え、Appleが公式のiOS版「WWDC」アプリを更新したのに続き、有志の手によって開発が行われているmacOS版の「WWDC」アプリも最新版が公開されています(9to5Mac)。

WWDC for macOSの実行ファイルはGitHubのリリースページよりダウンロード可能です。

同アプリでは、WWDCのスケジュールを確認したり、動画を視聴できる基本的な機能が利用可能なのに加え、最新版では動画ファイルへのブックマーク機能やアノテーション機能が利用可能となっています。保存された情報は検索可能で、目的の動画を探す際に利用することができます。また動画をオーバーレイ表示できるPicture-in-Picture機能もサポートされました。

開発チームは将来のバージョンでAirPlayやChrome Castへの対応、およびアプリのデータの同期機能の追加などを行うとアナウンスしています。

S icon タイトル WWDC app for macOS
公式サイト https://github.com/insidegui/WWDC
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7394-wwdc-app-for-mac-os
説明 WWDCの動画を選んでストリーミング視聴したりダウンロードしたりできる非公式アプリ。

スポンサーリンク