クロスプラットフォームのGUIフレームワーク「wxWidgets 3.0」リリース

NewImage

多くのプログラミング言語から利用できるクロスプラットフォームのGUIフレームワークwxWidgetsのメジャーアップデート版 「wxWidgets 3.0」 がリリースされました(MLアナウンスslashdot)。

バージョン 3.0 はメジャーバージョンアップだけあって様々な新機能が追加されています。アナウンスされている新機能は以下の通り。

  • より簡単に使えるようにするためのUnicodeサポートの大幅な完全。
  • 32bit/64bit両方をサポートするMac OS Xのための新しいCocoaベースwxOSXポート。
  • 新しいwxGTK3ポート。Broadway (HTML5)サポートを含む。
  • wxWebViewを使ったネイティブwebレンダリングエンジンへのアクセス。
  • wxWidgetsに新しいプロパティgridとribbonライブラリが追加。
  • standard library クラスと相互運用性の改善。
  • 完全に改善され読みやすくなったマニュアル。
  • デバッギングサポートの改良。

やはり、Unicodeサポートの改良とか、wxOSXの追加なんかが目玉機能でしょうか。これからますます流行りそうな予感ですね。

スポンサーリンク