【Tips】紛失にそなえAirPodsのシリアル番号を控えておく方法

IMG 3457

Appleのワイヤレスヘッドフォン「AirPods」は、コンパクトで持ち運びやすい点が魅力の一つですが、反面小さすぎて紛失しやすい点に注意が必要かもしれません。

Appleの修理サービスによると、片方をなくした場合、7,800円で修理・交換可能とのことですが、この場合AirPods本体のほか、充電ケースと購入証明書のほか、シリアル番号が必要となります。

AirPodsユーザーはもしものときに備えてシリアル番号を控えておくと良いでしょう。

以下AirPodsのシリアル番号の確認方法を説明します。

AirPodsのシリアル番号

AirPodsのシリアル番号の確認方法は、公式ドキュメント「AirPods と充電ケースについて」で説明されています。これによると以下の方法が存在します。

充電ケースの蓋の裏側: AirPodsの充電ケースの蓋の裏面に印字されています。

Airpods case

AirPodsの箱: AirPodsの箱の外側にも印字されています。
Airpods box

iOSの設定画面: AirPosdがiOSデバイスと接続している場合「設定 > 一般 > 情報 > AirPods」で確認することができます。

Airpods settings

▲AirPodsと接続していない場合は表示されませんが、iPhoneやiPadを持っているならば、スクリーンショットを撮影するだけでシリアル番号を保存しておくことができます。

まとめ

AirPodsが故障したり紛失した場合に修理サービスを受けるためには、シリアル番号が必要となります。ケースや箱を紛失しかつAirPodsの充電がきれるという最悪の事態の場合にそなえ、シリアル番号を事前に確認しておくことをお勧めします。

スポンサーリンク