【Tips】Apple Configurator 2を利用してiOSアプリをバックアップする方法

S 20180227 104949

AppleはiTunes 12.7以降、iTunesからApp Store関連の機能を削除しました。iTunesからiOSアプリを購入することもできなくなり、結果としてiOSアプリ(ipaファイル)をPCやMac上にバックアップすることもできなくなっています。

購入済みのアプリはiOS用のApp Storeから再ダウンロードすることができますが、iTunesとのアプリの同期は不可能で、PCやMac側にアプリ本体ファイルを保存することはできないのです。

幸い記事執筆時、いくつかの方法を駆使すれば、依然としてPCやMac側にipaファイルをダウンロードし、バックアップすることは可能です。

いかこの方法を説明します。

Apple Configurator 2を使用する

Macユーザーの場合、Appleが公開しているMacアプリ「Apple Configurator 2」を利用する方法があります。

Apple Configurator 2 App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
学校や企業向けのiOS/Apple TV展開ツール。

Apple Configurator 2は、本来学校や企業が利用するデバイス一括設定ツールですが、Ask Differentのスレッド「How do I download an iOS App (IPA) file to my Mac after iTunes 12.7 update?」によれば、ipaファイルのバックアップツールとして使用する事もできるのです(少しトリッキーですが)。

手順は以下の通りです。

1. iOSデバイスとMacをUSBで接続する:

2. 自分のアカウントでサインインする: 「アカウント > サインイン」を利用。

3. アップデートまたは追加を実行: デバイスを右クリックし「アップデート」または「追加 > App」を選択。

S 20180227 131943

▲「追加」を選べば過去の購入履歴を遡り、全ての購入済みアプリを再ダウンロードしてiOSデバイスに転送することができます。その際ダウンロード完了後からデバイスに転送されるまでの間はMac内にキャッシュとしてipaファイルが保存されます。これを適当な場所にバックアップすれば、購入済みアプリのipaファイルをMac上に取り出すことができるのです。

キャッシュフォルダの場所は以下の通り:

~/Library/Group Containers/K36BKF7T3D.group.com.apple.configurator/Library/Caches/Assets/TemporaryItems/MobileApps/

転送が終わると削除されてしまうので、ダウンロードの進行状況を確認しつつ、ipaファイルがダウンロードされたら即時に任意の場所にコピーすると良いでしょう。

S 20180227 133404

▲ipaファイルがダウンロードされている事がわかります。

S 20180227 105620

▲アップデートが終わってしまうとMacからは削除されてしまいます。完了前にcpやFinderでコピーします。以下のようなコマンドが使えるかもしれません。

while [ 1 ]; do find . -type f -name "*.ipa" -exec ls {} -exec cp -v {} ~/ios \; ; sleep 3; done

Apple Configurator 2による方法だと、iOSのバージョンアップに追随できずApp Storeからダウンロードできなくなった古いアプリでもダウンロード可能なようです。

iTunes 12.6.3を使用する

次の方法はApp Storeが利用できる最後のバージョン「iTunes 12.6.3」を利用するというものです。Apple Configurator 2を使う方法と異なり、Mac/Windowsどちらでも使えます。

こちらを参考に、iTunes 12.6.3にダウングレードし、「アカウント > 購入済み」からアプリを再ダウンロードします。

S 20180227 134558

ダウンロードしたipaファイルは以下の場所に保存されます(Macの場合)。このファイルをさらに別の場所にバックアップしておくと安心です。

~/Music/iTunes/iTunes Media/Mobile Applications

なおAppleはiOS 9以降、App thinningという手法を導入し、iOSデバイスからiTunes側へのアプリの転送はできなくなっています。ipaファイルをMacやPCで保存しておきたい場合、あくまでもMacやPC側のiTunesでアプリをダウンロードする必要があるみたいです。

サードパーティアプリを利用する

その他Apple以外のサードパーティ製バックアップツールを利用する方法もあります。iMazingiFunboxが有名ですが、今回は公式&無料でできる方法を優先ということで、割愛したいと思います。

まとめ

iOSアプリのipaファイルをバックアップしたい場合、MacユーザーならばApple Configurator 2を利用する方法がとりあえず簡単です。過去のアプリのバックアップをしっかり保存しておきたい方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク