【Tips】ChromeでCommand+Qによる終了前の警告が表示されない問題を解決

Command q

通常Mac用アプリは「Command+Q」で終了することができます。

それはMac用Chromeも同様ですが、Chromeの場合は誤ってCommand+Qを押して作業内容が失われないようにするため、「終了する前に警告メッセージを表示する」機能が実装されています。

手元の環境でもこの設定を有効にして使っていたのですが、あるときこれが無効になっている事に気がつきました。すなわちCommand+Qを押すとどのような状態でも即座にChromeが終了するようになっていたのです。

今回はこの問題を解決する方法を説明します。

ChromeでCommand+Q実行時の警告を再度有効に

ChromeでCommand+Q実行時の警告を再度有効にするためには以下の方法を実行します。

Usage

▲「Chrome > 終了する前に警告メッセージを表示する」のチェックを外して、再びチェックします。

Command+Qを押して画面に「終了するにはCommand+Qキーを押します」と表示されれば成功です。

まとめ

ChromeでCommand+Qを押した際の終了前の警告が表示されない場合、設定のチェックを外して再チェックします。なお間違えてChromeを終了した場合、Command+Shift+Tで開いていたタブを開き直すことができます。

スポンサーリンク