【Tips】過去のmacOSをターミナルからダウンロードする方法

S 20191108 11820

AppleのMac用オペレーティングシステム「macOS」は、Macを所有している場合、Mac App Storeから、無料でダウンロードすることができます。

しかしMac App Storeで検索して表示されるのは、現行版のmacOSだけで、過去のバージョンのmacOSは見つけることができません。例えば記事執筆時はmacOS Catalinaは検索結果に表示されるのですが、macOS Mojaveは表示されないのです。

幸いmacOS Catalinaでは公式のコマンド「softwareupdate」を利用して過去のmacOSをダウンロードすることも可能となっています。

softwareupdateを利用して過去のmacOSをダウンロード

macOS Catalinaでは「softwareupdate」が強化され、macOSのインストーラーファイルをダウンロードすることができる「—fetch-full-installer」」というオプションが追加されています。

最新のmacOSをダウンロードする場合、以下のように実行します。

softwareupdate —fetch-full-installer

過去のmacOSをダウンロードする場合、「--full-installer-version バージョン番号」を指定します。

macOS Mojaveの場合:

softwareupdate --fetch-full-installer --full-installer-version 10.14.6

macOS High Sierraの場合

softwareupdate --fetch-full-installer --full-installer-version 10.13.6

バージョン番号を指定する場合、それぞれの最新版(10.14.6や10.13.6)を指定してください。

S 20191108 10956

完了するとアプリケーションフォルダに「macOS Catalinaインストール.app」や「macOS Mojaveインストール.app」が配置されます。

macOS High Sierra以前のバージョンは「Install failed with error: Update not found」でダウンロードすることができませんでした。

直接ダウンロードすることも

Mac App Storeからは検索できませんが、過去のmacOSをダウンロードできるURLを直接利用することも可能です。

まとめ

macOS Catalinaではsoftwareupdateを利用して過去のmacOSのインストーラーアプリをダウンロードすることができます。ブラウザでリンクを開いても同じことができますが、処理を自動化したい場合などに覚えておくと便利です。

スポンサーリンク