GitHub Pagesを利用してWebサイトを公開する方法【基本編】

S 20190314 131527

最近はSNSの流行によって需要が減ってきているようですが、やはり自分の作ったアプリケーションやスキルをアピールするための場として、ホームページを作成したい場合はあると思います。

GitHubが提供するサービスの一つ「GitHub Pages」はそのような場合に便利な、無料でWebサイトを公開することができるサービスの一つです。

GitHub PagesではGitHubアカウントさえあれば、リポジトリを作成するだけで自分の好みのWebページを公開することが可能です。

CSSやJavaScriptも自由に使用可能で広告が強制されるということもありません。手動でhtmlファイルを作成する方法以外にも、HugoやJekyllといった静的サイトジェネレーターにも対応しています。

今回はGitHub Pagesの最も基本的な使用法を説明したいと思います。

GitHub PagesでWebサイトを公開

GitHub Pagesで作成できるWebサイトにはいくつかの種類がありますが、最初はユーザーアカウント毎に作成できる「ユーザーサイト」を作成するのが簡単です。

これには以下の手順を実行します。

1.リポジトリの作成

GitHubにログインし「username.github.io」という名前のリポジトリを新規に作成します。usernameは実際の自分のユーザー名(例src256)に置き換えます。

S 20190314 131005

2. リポジトリのクローン

作成したリポジトリをローカルにクローンします。Gitクライアントは何を使っても大丈夫です。

git clone https://github.com/username/username.github.io
S 20190314 131303

3. コンテンツの作成

リポジトリ内にindex.htmlというファイルを作成します。中身は"Hello World"というテキストです。

cd username.github.io
echo "Hello World" > index.html
S 20190314 131342

4. プッシュして公開

変更内容をコミットしてGitHubにプッシュします。

git add --all
git commit -m "Initial commit"
git push -u origin master
S 20190314 131423

「https://username.github.io」にアクセスすると今回作成したWebサイトの内容が公開されていることがわかります。

S 20190314 131509

現段階では単なるテキストファイルなので、実際に運用する場合は、HTMLとして正しくマークアップしCSSを利用して外観を整える必要があります。

面倒な場合はさらにステップアップして静的サイトジェネレーターを使用するのも良いでしょう。

まとめ

GitHub Pagesを利用すればWebサイトを無料で公開することができます。GitHubを普段から使用している開発者やデザイナーの方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク