【Tips】iOS 14でAirPodsの自動切り替えをオフにする方法

Airpodsprodesigncase

iOS 14では、AirPods/AirPods Proの自動切り切り替え機能が追加されました。

すなわち、iOS 14、iPadOS 14、macOS Big Surを搭載したiPhone、iPad、Macでは、新しいデバイスで音楽の再生を始めると、それまで接続していたデバイスから新しいデバイスに自動的に接続が切り替わるのです。

この機能はデフォルトでオンになっていますが、例えばAirPodsをiPhoneに常に接続し、iPadには接続したくない場合など、場合によっては逆に不便になる場合もあるかもしれません。

以下iOS 14でAirPodsの自動切り替えをオフにする方法を説明します。

Bluetoothの設定で変更する

AirPodsの自動切り替えはデバイス毎に設定します。

iPhoneにAirPodsを接続し、「設定 > Bluetooth > AirPods Pro」を選びます。

Settings

▲「このiPhoneに接続」をタップし「自動」を「このiPhoneに前回接続していた場合」に変更します。

この場合、以前同じデバイスに接続されていた場合にのみAirPodsが接続します。例えば、夜寝る前にAirPodsを使って音楽を再生してい場合、次の日の朝はAirPodsに自動的に接続します。これが以前からの動作です。

まとめ

iOS 14に導入されたAirPodsの自動切り替え機能は、Bluetoothの設定で変更することができます。以前の動作が良かったという方は変更してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク