【Tips】Microsoftのコマンドラインランチャー「PowerToys Run」を使用する方法

S 20200608 135707

MicrosoftがWindows 10向けに開発しているオープンソースの生産性向上ツール「PowerToys」。

PowerToysは、さまざまなツールの集合体として提供されていますが、その中に最近、コマンドラインランチャーアプリ「PowerToys Run」が追加されました。

外観はmacOSのSpotlight検索と似ていて、アプリやファイルを名前で検索して素早く実行できるだけでなく、計算機能など機能を拡張することも可能となっています。

以下このPowerToys Runを使用する方法を説明します。

PowerToys Runのインストールと設定

GitHubから最新のインストーラーをダウンロードし、システムにインストールします。

PowerToys v0.18ではPowerToys Runがデフォルトでオフになっています。

Settings

有効にするにはタスクトレイのアイコンをクリックし、左側のプログラム一覧から「PowerToys Run」を選びます。「Enable PowerToys Run」をオンにすれば設定完了です。

PowerToys Runを起動するデフォルトのキーは「Alt + Space」ですが、自分好みのキーに変更することもできます。

ショートカットキーを押すとメインウィンドウが表示されます。プログラム名やファイル名を入力すると、名前に一致する候補が表示され、矢印キーで選択することができます。

S 20200608 141015

数式を入力すると計算結果が表示されます。

まとめ

PowerToys RunはPowerToysに含まれるコマンドラインランチャーです。現在のところ機能は基本的なものに限定されていますが、今後の発展に期待できます。

スポンサーリンク