iOS 13、iPadOS 13、macOS Catalinaのパブリックベータ版をインストールする方法

S 20190625 91912

Appleは先日2019年の秋に正式版公開予定のiOS 13、iPadOS 13、macOS Catalinaのパブリックベータ版を公開しました。

パブリックベータ版は開発者向けベータ版と異なり、Apple Beta Software Programに参加することで、無料で誰でも使用するインストールすることが可能となっています。

以下パブリックベータ版を各デバイスにインストールする方法を説明します。

パブリックベータ版のインストール方法

パブリックベータ版をインストールする手順は以下の通りです。

  • Apple Beta Software Programを、ベータ版をインストールしたいデバイスで開く。
  • Apple IDでサインインする。
  • 「Apple Beta Software Program 契約」に同意する。
  • 「はじめよう」から「お使いの"デバイス"を登録」をクリック。
  • 手順に従いベータプロファイルをダウンロードし、ソフトウェアアップデートを実行。

なおiOSデバイスはiTunesやiCloud、MacはTimeMachineなどを利用し、ベータ版OSをインストールする前にバックアップを確実に作成しておくことをおすすめします。

また「Apple Beta Software Program契約」で示されたように、各種情報の取り扱いには注意が必要です。詳細はFAQで確認可能です。

まとめ

Apple Beta Software Programに参加することで、iOS、iPadOS、macOSのパブリックベータ版を使用することができます。ただしベータ版は正式版に比べ不安定であることが予想されるため、テスト用マシンを準備してインストールするのがおすすめです。

スポンサーリンク