【Tips】iOS 10.3で32ビットアプリを確認する方法

Image

AppleはiPhoneやiPadなどのiOSデバイスに関して、ハードウェアとソフトウェアの両面から64bit化を推進しています。

実際、App Storeに新規登録されるアプリの64bit化は必須となってから長く、iOS 10.3では32bitアプリをリストアップする機能も追加されたことから、今年リリースされるiOS 11では、32bitアプリが最終的に切り捨てるのではとの予想も行われています。

本日はiOS 10.3で追加された、32bitアプリを確認する方法を説明します。

設定から確認可能

32bitアプリを確認するには「設定」アプリを利用します。

Photo

▲「一般 > 情報 > App」と選択していくと、その中に32bitアプリが表示されます(ここにアプリが表示されていない場合は32bitアプリは存在していません)。

これらのAppによりiPhoneの動作が遅くなる場合があります。Appがアップデートされなければ将来のiOSバージョンでは動かない可能性があります。アップデートがない場合は、開発元に詳しい情報をお問い合わせください。

▲メッセージでは32bitアプリとは明言されていませんが、リストアップされているアプリは、将来のiOSアップデートによって動かなくなる可能性がるとの警告が表示されています。

愛用しているアプリが32bitアプリだった場合、余裕をもって代替アプリを探し始めておいたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク