【Tips】iOS 12のiPadでコントロールセンターを表示する方法

Control center

iOSデバイスのさまざまな機能を制御できる「コントロールセンター 」。

iPhoneやiPadにとってはなくてはならない機能ですが、iOS 12をインストールしたiPadではこのコントロールセンターの呼び出し方法が変更となっています。

今回はiOS 12で変更されたiPadのコントロールセンターの呼び出し方法を説明します。

画面右上からスワイプダウン

iOS 12をインストールしたiPadでは、コントロールセンターは、画面右上部分を下方向にスワイプすることで表示できます。

Control center 1

▲画面右上あたりをタップしてそのまま下にひっぱります。

Control center 2

▲するとコントロールセンターが表示されます。スクリーンショットは横画面ですが、縦画面でも同様の操作でも表示されます。

実はこのジェスチャーはiPhone Xのものと似ていて、iPadではこれ以外にも以下のようなiPhone X風のジェスチャーが導入されています。

種類 操作
ホーム画面の表示 アプリ表示中に画面下から上にスワイプ
マルチタスク画面の表示 画面下から上にスワイプして指を止める
アプリ切り替え 画面下部を左右にスライド

新しい操作方法で戸惑っているという方はご参考までに。

まとめ

iOS 12のiPadでは画面右上を下方向にスワイプしてコントロールセンターを表示することができます。他にもiPhone X風の操作が導入されていますので、iPhone X(以降)ユーザーの方にとっては馴染みやすい変更かもしれません。

スポンサーリンク