iOS 13やiPad OS 13のベータ版をiOS 12にダウングレードする方法

S 20190617 112925

Appleは現在、2019年の秋に公開予定のiOSのメジャーバージョンアップ版「iOS 13」や、iPad専用の新しいオペレーティングシステム「iPadOS 13」の開発者向けベータ版を公開しています。

通常iOSは以前のバージョンに戻すことはできませんが、ベータ版に限っては可能で、iOS 13やiPadOS 13をiOS 12に戻すこともできるようになっています。

以下この方法を説明します。

iTunesを使用してダウングレード

iOS 13やiPadOS 13のベータ版をダウングレードするにはiTunesの「更新プログラムの確認」機能を利用します。

まず開発者向けのダウンロードサイトにアクセスし「Release」タブから最新のリリース版のIPSWファイルをダウンロードします(もしくは直接ダウンロードも可能なようです)。

次にiPhoneやiPadをWindowsやMacに接続しTunesを立ち上げます。ここでバックアップを自動的に作成してしまうとiOS 12用のバックアップがiOS 13用のバックアップで置き換えられバックアップの復元ができなくなってしまうのでご注意下さい。バックアップが始まった場合は手動で止めて、iOS 12用のバックアップが存在するか「バックアップを復元」から確認しておきましょう。

Recovery1

▲「更新プログラムの確認ボタン」をWindowsの場合はShift+クリック、Macの場合はOption+クリックし、先ほどダウンロードしたiOS 12のIPSWファイルを選択します。

Recovery2

▲ダウングレードが始まります。

2019 06 20 115956

▲ダウングレードが完了したらバックアップの復元を実行します。繰り返しになりますがiOS 13やiPadOS 13のベータ版で作成したバックアップは復元することはできません。ご注意ください。

失敗した場合リカバリモードから復元

先ほどの手順ですんなり行けば良いのですが、iOSのダウングレード中にエラーが発生する場合があるようです(Windows版iTunesで確認)。

Recovery error

▲この時、iPadは起動時の白い背景画面でプログレスバーが表示され固まっている状態でしたが、コネクタを差し治すとリカバリモードからの復元が始まり、次いでバックアップの復元を実行することでiOS 12に戻すことができました。

この方法はApple公式ドキュメントの「iPhone、iPad、iPod touch をアップデート/復元できない場合」に詳しく掲載されており、IPSWの適用がうまくいかない場合は最終手段として試すことができます。

まとめ

iOS 13やiPad OS 13のベータ版はiOS 12にいつでもダウングレードすることができます。ただしiOS 12時代のバックアップが存在しないと個人のデータが消えてしまうので注意が必要です。iTunesでバックアップを複製して保存する方法は以下の記事で説明しています。

iTunesを利用するとiPhoneやiPadのバックアップをMacやPC上に保存することができます。 バックアップを作成しておけば、何かトラブルが発生した際「バックアップを

スポンサーリンク