iOS 13やiPadOS 13の開発者向けベータをプロファイルを利用してインストールする方法

S 20190617 112925

Appleは2019年の秋に、iOSのメジャーバージョンアップ版である「iOS 13」のほか、iPad専用の新しいオペレーティングシステム「iPadOS 13」を公開する予定です。

Apple Developer Programに加入している開発者向けのベータ版もすでに公開されており、beta 1はiTunesを利用してIPSWファイル用いて更新する必要があったのですが、先日公開されたbeta 2では、プロファイルによる実機への直接インストールが可能となっています。

以下プロファイルを利用した直接インストール方法を説明します。

ベータプロファイルを利用して実機に直接インストール

iOS 13やiPadOS 13のベータ版を実機に直接インストールするには、プロファイルをインストールした後に、ソフトウェアアップデートを実行します。なおベータ版OSは不安定な可能性がありますので、iTunesやiCloudを用いて事前にバックアップしておくことをおすすめします。

まずiPhoneやiPadのSafariで開発者向けのダウンロードサイトにアクセスします。

Install1

▲iOSまたはiPadOSを選び「Install Profile」ボタンをタップします。

次に設定アプリを開きます。

Install2

▲「プロファイルがダウンロードされました」をタップし、「プロファイルをインストール」画面で右上の「インストール」をタップします。

Install3

▲「ダウンロードとインストール」をタップすると、ベータ版OSのダウンロードとインストールが始まります。

まとめ

プロファイルを利用した直接インストールが可能になったことで、iOS 13やiPadOS 13の導入が大幅にお手軽になりました。7月公開予定のパブリックベータ版も同様の手順でインストールできることが予想できます。

スポンサーリンク