【Tips】iTerm2で日本語入力中の文字が黄色で読めない問題を解決する

S 20180905 184416

最近ふと気がつくと、macOS用のターミナルソフト「iTerm2」上で日本語を入力する際、入力中の文字列が黄色で表示され非常に読みづらい状態になっている事に気がつきました。

最初はカラープロファイルの設定かなとも思いましたが、どのようなカラー設定を適用しても、常に黄色で表示され、またテスト用のユーザーで実行しても同じように再現されるのです。

一応ATOKの場合、変換候補の文字列がポップアップ表示されるので、なんとか頑張れば使い続けることもできるのですが、ストレスがたまります。

今回はこの問題を解決する方法を説明します。

iTerm2 v3.2.0の新機能が影響

今回の問題を解決するための情報がインターネット上に存在せず、なかなか解決の糸口がみつからなかったのですが、最近まで普通に使えていたことから考えて、最新版で加えられた新機能が何か影響しているのではないかと予想を立てました。

試しに古いバージョンv3.1.7をインストールしてみると、こちらでは日本語入力中の文字列が正常に黒で表示されます。そこでv3.2.0の新機能を確認すると「The big new feature in iTerm2 version 3.2 is a new rendering
engine that uses Metal.」という記述を発見しました。レンダリングエンジンが変更になりこれが影響している雰囲気です。

さらに調査するとこのMetalのGPUレンダリングを無効化することもできる模様

Settings

▲「Preferences > General」の中にある「GPU rendering」のチェックを外せば良いようです。

S 20180905 184521

▲チェックを外すと、日本語入力中の文字列がこれまで同様に黒で表示されるようになりました。

まとめ

iTerm2 v3.2.0で表示がおかしくなった場合、設定画面で「GPU rendering」をオフにすることで、元に戻る可能性があります。なお全ての場合おかしくなるわけではなMacの機種によって影響があったりなかったりするようです(今回説明した環境はMac miniですが、MacBook Proは影響ありませんでしたでした)。

スポンサーリンク