【Tips】Mac版ChromeでCommand+Qで終了前に確認する方法

S 20191007 111615

Mac版のChromeは「Command+Q」というショートカットキーで終了することができます。

Windows版Chromeを終了する「Alt+f x」と比較すると簡単に入力することができますが、その分誤爆が怖いショートカットキーといえるかもしれません。

幸いMac版のChromeでは「Command+Q」を押したあと、一回確認してから再度同じキーを入力して終了するように設定することもできます。

以下その方法を説明します。

Command+Qで確認した後終了

Command+Q実行時に確認メッセージを表示するには「Chrome」メニューを使用します。

S 20191007 111709

▲「Chrome」メニューの「終了する前に警告メッセージを表示する」にチェックを入れます。

この状態で「Command+Q」を入力すると画面に確認が表示されます。

Usage

▲ここでもう一度「Command+Q」を入力するとChromeを終了できます。終了しない場合はそのままキー入力を止めます。

まとめ

Mac版Chromeでは「Command+Q」で終了する前に確認するように設定することができます。タブを閉じる「Command+W」等とつい間違えてしまうという方は設定しておくことをオススメします。

スポンサーリンク