【Tips】「macOS Sierra」のインストール用USBメディアを作成する方法 - Develoepr Preview版編

S 2016 06 18 1 29 16

Mac用OSの最新版「macOS Sierra」のインストール用USBメディアを作成する方法を説明します。USBメモリにインストールメディアを作成しておくと、OSをクリーンインストールする場合、あるいはリカバリする場合等さまざまな場面で便利です。

インストールメディアを作成する方法は何通りか考えられますが、今回はOSのインストールアプリの中に埋め込まれている「createinstallmedia」コマンドを使用した方法を解説します。

macOS Sierra Developer Preview版のダウンロード

Apple Developer Programに加入している開発者はApple Developer CenterからmacOS SierraのDeveloper Preview版をダウンロードできます。ダウンロードボタンを押すとMac App Storeでダウンロードコードが使われて、macOS Sierraインストールアプリがダウンロードされるシステムとなっています。

インストール用USBメディアの作成

容量8GB以上のUSBメディアを準備します。今回は「東芝USBフラッシュメモリ」を使用しました。もちろん8GB以上の容量のUSBメモリでも使えますが、余分な容量が無駄になります。

USBメディアをMacに接続してUSBメディアのボリューム名を確認します。

NewImage

▲上の場合TOSHIBAとなっています。分かりづらい名前の場合エンターキーを押して分かりやすい名前にリネームしておくとよいでしょう。

ターミナルを開き以下のコマンドを実行します。ボリューム名「TOSHIBA」はご自分のUSBメディアの名前に変更してください。

sudo /Applications/Install\ 10.12\ Developer\ Preview.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/TOSHIBA --applicationpath /Applications/Install\ 10.12\ Developer\ Preview.app --nointeraction

コマンドが終了するまでしばらく時間がかかります。

S 2016 06 18 2 17 15

「Done.」と表示されれば成功です。お疲れ様でした。

起動確認

DSC00729

Optionキーを押しながらMacを起動し「macOS Sierra」の起動メニューが表示されれば成功です。新たにインストールする場合やリカバリする場合は、こちらを選択して起動します。

まとめ

createinstallmediaはOS X El Capitanなど、歴代のOS Xでインストールメディアを作成するコマンドとして使えました。macOS Sierraでも引き続き有効です。

なおUSBメモリを自力でフォーマット&消去するため、ディスクユーティリティを使用した事前の「消去」は不用です。

createinstallmediaの使用方法はApple公式サイトにもまとめられていますのでご参考までに。

スポンサーリンク