【Tips】Macで時報をアナウンスする方法

Pexels photo 196658

Macを使用して夢中で作業していると、いつのまにか時間が過ぎ去ってしまい、重要なスケジュールに間に合わなかったという経験のある方は多いかもしれません。

幸いMacではこのような事態を防ぐことができる、時報のアナウンス機能が標準で搭載されています。定期的に現在の時刻を耳で知ることで、今何時なのか強制的に知ることができるのです。

また時報といっても一時間ごとだけではなく、15分、30分といった間隔も指定可能で、音声の種類をカスタマイズすることもできます。

今回はmacOSに標準搭載されているこの時報のアナウンス機能を使用する方法を説明します。

時報のアナウンス機能を使用する

macOSで時報のアナウンス機能を使用するには「システム環境設定 > 日付と時刻」を選択します。

S 20180809 212935

▲鍵アイコンをクリックしたあと、一番下にある「時報をアナウンス」にチェックすれば完了です。間隔は「1時間/30分/15分」から選べます。また音声を変更する場合は、「声の種類を変更」ボタンをクリックします。

S 20180809 212956

▲標準では「声の種類」は「システムの声を使用」となっています。時報のアナウンスだけ別の声にする事も可能で、日本語の音声では女性の「Kyoko」の他、男性の「Otoya」が利用可能です。

まとめ

macOSではシステム環境設定の日付と時刻で時報のアナウンス機能を有効化することができます。定期的に時刻を音声で知りたい場合に利用すると便利です。

スポンサーリンク