【Tips】macOSのベータ版アップデートを非表示にする方法

S 20170612 144232

Appleは開発者やベータテスターに対し、評価目的としてmacOSのベータ版を公開しています。ベータ版では新たに追加される新機能をいち早く試すことができますが、不具合も多く、実用目的には適さない事も多いかもしれません。

今回はベータ版のOSを取得するよう一度設定したあと、再び元に戻す方法を説明します。

Mac App Storeにいつまでもベータ版が表示されて困っている方はお試し下さい。

ベータ版アップデートを非表示にする

そもそもmacOSのベータ版は、macOS Developer Beta Access Utility(開発者向けベータの場合)を実行した後、Mac App Storeからダウンロードすることができる仕組みになっています。

S 20170612 144002

このためベータ版の受信設定は、Mac App Storeの設定で変更することができます。

Appstore

設定 > App Storeと進み「お使いのコンピューターは、ベータソフトウェア・アップデートを受信するように設定されています」の横の「変更」ボタンをクリックし、「ベータソフトウェア・アップデートを受信しない」に変更してください。

なお、この変更を行った後も、Mac App Storeのアップデート欄にベータ版が表示される場合、ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

sudo softwareupdate --clear-catalog

これでソフトウェアアップデートの情報がリセットされ、ベータ版が非表示になります。

スポンサーリンク