【Tips】OSアップデートやリカバリ後、Macアプリからファイルが読み込めなくなったときに試したい技

Mac

Macのオペレーティングシステムをアップグレードしたりリカバリした後、Mac App Storeからダウンロードしたアプリ、いわゆるサンドボックスアプリからうまくファイルにアクセスできなくなった場合の復旧方法を紹介します。

今回はTime Machine Backupから復旧した際、Tricksterというアプリにファイルが一切表示されなくなって困っていたのですが、なんとか解決することができました。

以下その方法をご紹介。

ファイルのパーミッションがおかしい?

普通Mac App Storeからダウンロードしたアプリに詳細なログ表示機能がついていることはあまりありません。そのため最初はなぜファイルが表示されないのか、手がかりがなく困っていたのですが、/var/log/system.logを確認してみたところ以下のような情報を発見。

S 20160922 230300

Trickster(1079) deny file-read-xattr」というようなエラーが表示されていて、いかにもファイルの読み込み権限の問題が発生しているような雰囲気です。

エラーメッセージで検索してみるとどうやらOSをアップグレードしたり、リカバリした際たまに今回のようなエラーが発生する事がある模様。

S 20160922 230310

ということでディスクユーティリティを起動して「First Aid」を実行してみたところ、見事復活。Tricksterの最近使ったファイルが表示されるようになりました。

まとめ

Macのトラブルシューティングを実行する際/var/log/system.log等を確認するのはかなり有効な気がします。画面に全くエラー情報が表示されない場合でも、ログになにかの手がかりが残されている場合は多々あります。覚えておくと困ったときに役に立ちそうです。

スポンサーリンク