【Tips】macOS High Sierraインストール時のAPFS変換をスキップする方法

S 20180320 161357

システムドライブがSSDのMacにmacOS High Sierraをインストールすると、既存のファイルシステムがApple File System (APFS)に自動的に変換されてしまいます(参考: macOS High Sierra の APFS の導入準備を進める)。

Apple公式のSSDだけではなく、自分で交換したSSDを使用している場合も同様で、標準の方法では、これを避ける方法はありません。

しかしターミナルを利用してコマンドラインからインストールすれば、APFSへの変換をスキップすることも可能です。

以下具体的な方法を説明します。

APFS変換をスキップする

今回の方法は以下のリンクを参考にしました。

これらの情報を参考にし、アップグレード、クリーンインストールの場合それぞれで、最も簡単な方法をまとめてみます。

アップグレードの場合:

アップグレードの場合以下の手順で実行します。

  • Mac App StoreからmacOS High Sierraのインストーラーをダウンロードする
  • ターミナルを開き以下のコマンドを実行
    /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/startosinstall --converttoapfs NO
  • ライセンス条項を承諾するため"A"を入力する
  • 自動的に再起動されインストールが実行される

"A"を押したあとは確認なく再起動してインストールが始まりますので、実行時にはご注意ください。

以下のような画面が表示されます。

S 20180321 172915

▲「ライセンス条項」が許諾するためにAを押したと、インストールが自動的に始まります。

S 20180321 173039

▲macOS High Sierraアップグレード後に、ディスクユーティリティを開くと「Mac OS拡張(ジャーナリング)」が維持されていることがわかります。

クリーンインストールの場合:

クリーンインストールの場合少しコマンドが複雑になります。

  • macOS High Sierraインストール用のUSBメディアで起動
  • 「ユーティリティ > ターミナル」からターミナルを開き以下のコマンドを実行。"macSSD"は実際のインストール先のボリューム名に変更する
    /Volumes/Image\ Volume/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/startosinstall --volume /Volumes/macSSD --converttoapfs NO --applicationpath /Volumes/Image\ Volume/Install\ macOS\ High\ Sierra.app
    
  • 自動的に再起動されインストールが実行される

なおstartosinstallコマンド実行時に「could not get license agreement」というエラーメッセージが表示された場合、"--applicationpath"で指定するアプリのパスの指定を間違えている可能性があります(/Install\ macOS\ High\ Sierra.appだとだめみたいです)。

またディスクのフォーマットが必要な場合は、インストール前にディスクユーティリティを利用して、ディスクを「Mac OS拡張(ジャーナリング)」でフォーマットし直しておきます。

まとめ

macOS High SierraではAPFSがSSDドライブを搭載したMacのデフォルトファイルシステムとして採用されました。通常は自動的な変換が起こっても問題ないはずですが、安定性を重視しHFS+のままでmacOS High Sierraを使用したい場合、今回の方法が使えます。

なおAPFSに変換されてしまったファイルシステムを戻す場合、バックアップ&リカバリが必要です。以下の記事をご参考までに。

AppleはmacOS High Sierraで、標準のファイルシステムを従来の「HFS+」から、新しいファイルシステム「APFS」に変更しました。 新規にクリーンインストー

スポンサーリンク