【Tips】macOS MojaveにAppleのJava 6をインストールする方法

S 20191108 221852

Appleが2016年に公開したmacOS Sierra 10.12以降、macOSにはそれまでAppleが提供してきたJava 6が同梱されていません。

最新のJavaはJavaの開発元のOracleから提供されていますが、Java 6で動作する特定のソフトウェアをmacOS Mojaveで動かしたい場合もあると思います。

幸いそのような場合に備え、Appleが「レガシー」なJava 6をサポートページで公開しています。以下これのインストール方法を説明します。

Java for OS X 2017-001を使用

macOS MojaveでAppleのJava 6を使用するには、公式サポートページのJava for OS X 2017-001からファイルをダウンロードします。

S 20191108 221535

サポートページによると、Java for macOS 2017-001は「macOS 10.13 High Sierra、macOS 10.12 Sierra、macOS 10.11 El Capitan、macOS 10.10 Yosemite、macOS 10.9 Mavericks、macOS 10.8 Mountain Lion、および macOS 10.7 Lion」用で、macOS Mojaveは対象外となっていますが、実際は普通にインストールすることができます。

JavaForOSX.dmgをダウンロードして開き、内部のJavaForOSX.pkgを実行します。

S 20191108 221727

▲「続ける」ボタンをクリックしていきます。

S 20191108 221819

▲「インストールが完了しました」と表示されれば成功です。

S 20191108 221852

▲ターミナルでJava 6が実行できることを確認します。

まとめ

macOS Mojaveでも、Appleが提供している非推奨のレガシーJavaを普通にインストールして使用することができます。なおmacOS Catalinaでは事情が異なり、少し工夫が必要なようです。macOS CatalinaでAppleのJava 6を使用する方法は別の記事で紹介したいと思います。

スポンサーリンク