【Tips】macOS Mojaveを外付けドライブにインストールして使用する方法 - 正式版編

S 20181001 213800

Appleは2018年9月25日、macOSの最新正式版「macOS Mojave 10.14」をリリースしました。

互換性のあるMacを使用している場合、直接macOS Mojaveにアップグレードすることができますが、さまざまな新機能が追加された新バージョンということもあり、事前に各種ソフトウェアやハードウェアが正しく動作するかどうか確認しておいた方が安全です。

幸いMacでは外付けHDDやSSDに別のmacOSをインストールし、そこからテスト的にOSを起動することができます。ここでは外付けドライブにmacOS Mojaveをインストールして、新OSの動作確認を行う方法を説明します。

外付けドライブの準備

まず外付けドライブの準備を行います。例えばUSB接続のドライブが使用出来ます。

S 20181001 214652

▲ディスクユーティリティを起動し、外付けドライブに対し「消去」を実行しておきます。分かりやすい名前をつけておきましょう。フォーマットはOSインストール時にAPFSにフォーマットされてしまいますので、ここでは「OS X 拡張」でも問題ありません。

くれぐれも間違えて必要なデータの入ったドライブを削除しないように注意してください。

macOS Mojaveのインストール

Mac App StoreからmacOS Mojaveをダウンロードします。

macOS Mojave App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
ダークモードやスタックなど多数の新機能が追加されたmacOSの最新版。

ダウンロードが終了するとアプリケーションフォルダに容量6GB程度の「macOS Mojaveインストール.app」が保存され、インストーラーが起動します。

S 20181001 214736

▲インストール先の選択画面では「すべてのディスクを表示」ボタンをクリックします。

S 20181001 214753

さきほど準備した外付けドライブを選択して「インストール」を実行します。メインドライブを選択すると既存のシステムがアップグレードされてしまうため十分に確認してから実行してください。

S 20181001 214817

▲インストールが始まります。USB2.0等の遅いドライブだと結構時間がかかってしまいます。途中再起動しますがそ、外付けドライブ側から起動して処理を継続することができます。

インストールが完了したら外付けドライブにインストールしたmacOS Mojaveを使い始めることができます。

起動ディスクを戻す場合

外付けドライブにOSをインストールするとそちらがデフォルトの起動ドライブに設定されてしまいます。元のシステムドライブからOSを起動したい場合システム環境設定の「起動ディスク」で変更します。

S 20181001 231331

左下のカギアイコンをクリックし、パスワードを入力すると起動ディスクを変更できます。

まとめ

外付けストレージにmacOS Mojaveをインストールすると、既存のシステムに影響を与えることなく、新しいOSの動作確認をすることができます。ハードウェアやソフトウェアの対応状況を実機で確認してみたい場合試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク