macOS MojaveとSkitchのショートカットの衝突を回避する方法【妥協編】

S 20190807 120700

macOS MojaveではOS標準のスクリーンショット保存機能が強化されました。

指定した領域を保存したり、クリップボードに転送したりできる「スクリーンショットと収録のオプション」機能が「Cmd + Shift + 5」で呼び出せるようになったのですが、これがEvernoteのキャプチャツール「Skitch」の「十時スナップショット」機能と衝突しています。

すなわちSkitchを起動したまま「Cmd + Shift + 5」を実行すると、両方のキャプチャ機能が同時に起動しわけのわからない状態になってしまうのです。

今回はこの問題を妥協して解決する方法を説明します。

macOS Mojave側のショートカットを変更

本来Skitch側でショートカットを変更できたり、無効にできたりすればベストなのですが、Skitchにはそのような機能が存在しません。

そのためmacOS Mojave側でキーボードショートカットを変更します。

Keyboard

▲システム環境設定で「キーボード > ショートカット > スクリーンショット」を選択し、「スクリーンショットと収録のオプション」に割り当てられている「Cmd + Shift + 5」を変更します。

「Cmd + Shift + 7」などオリジナルのショートカットキーに近く、かつSkitchと衝突しないものにしておくことをおすすめします。

まとめ

macOS MojaveとSkitchのショートカットの衝突問題は、macOS Mojave側のキーバインディングを変更することで一応解決できます(その他、以前紹介したSkitchの常駐時間をできるだけ少なくすると言う緩和策もあります)。OSの標準のキーバインディングを変更するのはあまり気が進まないという方もいるかもしれませんが、Skitch側がなかなか対応してくれそうもないので、この方法でしのぐしか今のところ回避方法がないようです。

スポンサーリンク