【Tips】macOSをVMware Fusionにインストールする際、インストールメディアを作成できない問題を修正

S 20191111 192907

VMware Fusionの最新版v11.5.0はゲストOSとしてmacOS Catalinaをサポートしています。

しかし手元の環境で試してみたところ、仮想マシンを作成する最後の段階で「インストールメディアを作成できません。」というエラーが表示され、OSがインストールできない状況が発生しました。

VMware Fusionを再起動したり、Macを再起動しても状況は変わらず、これ以上のメッセージも特に表示されない状態です。

今回はこの問題を解決する方法を説明します。

インストーラーファイルを別の場所にコピーする

今回の問題を解決するために公式サポートフォーラムの情報が役立ちました。

macOSのインストーラーファイル、例えば「macOS Catalinaインストール.app」をアプリケーションフォルダから、ダウンロードフォルダに一端コピーしてから実行したら問題が解決したというものです。

S 20191111 192956

コピー後、VMware Fusionの新規VM作成時に、ダウンロードフォルダにコピーした「macOS Catalinaインストール.app」を選択して処理を続行します。

他に、インストーラーが起動している場合、それを終了してから実行するとうまくいったというコメントもありました。あわせて実行するとなお良いかもしれません。

まとめ

macOSをゲストOSとしてVMware Fusionにインストールする際、「インストールメディアを作成できません」というエラーが表示された場合、インストーラーファイルをアプリケーションフォルダから別のフォルダにコピーして実行するとうまくいく可能性があります。

確実な方法かどうかは不明ですが、覚えておくと役に立つかもしれません。

スポンサーリンク