【Tips】Microsoft Edgeの新旧バージョンを共存させる方法 - レジストリハック編

S 20200125 162055

Microsoftは1月15日、Chromiumをベースとした新しい「Edge」ブラウザを公開しました。

この新しいEdgeをインストールすると、従来の古いEdgeは使用することができなくなりますが、グループポリシーエディタを使用し、新旧両方のバージョンを共存させることはできます。

また同じように、レジストリ値を変更することでも共存させることが可能です。今回は、レジストリ値を変更して新旧のEdgeを共存させる方法を説明します。

レジストリ値を設定した後に新Edgeをインストール

以下、MSPoweruserに掲載されている手順を参考にしました。

以下の順序で実行します。

  • ChromiumベースのEdgeをインストールしている場合アンインストールする。
  • スタートメニューから「regedit」を実行。
  • 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft」に移動。
  • 「EdgeUpdate」という名前のキーを作成。
  • 「EdgeUpdate」キー内に「Allowsxs」という名前のDWORD 32bit値を作成し、値を"1"に変更。
  • regeditを終了する。

後は再度ChromiumベースのEdgeをインストールします。スタートメニューで検索すると「Microsoft Edge(新しいEdge)」のほかに「Microsoft Edge レガシ(古いEdge)」というアプリが見つかり、それぞれ実行することが可能となります。

まとめ

Edgeの新旧両方のバージョンを使用したい場合、グループポリシーエディタを使う方法以外にも、レジストリエディタを変更する方法が使えます。レジストリを編集するのは危険が伴いますが、慣れている方にとってはそれほど複雑な手順ではないと思います。

スポンサーリンク