【Tips】Twitterのタイムラインを時間順に表示する方法

S 20191026 192856

メッセージや画像、動画を共有できるソーシャルネットワークサービス「Twitter」。

日本でも以前から根強い人気を誇っていますが、ツイートを一覧表示するタイムラインの並び順は最近大きく変わっています。

すなわち、公式のWebアプリやモバイルアプリでは、最新が先頭に表示される時間順表示ではなく、Twitter社が重要と認めたツイートが先頭に表示されるようになっているのです。

今回はTwitterの公式アプリでこのタイムライン表示を従来の時間順表示に戻す方法を説明します。

画面右上の星アイコンから変更

Twitterのタイムラインの表示順を変更するには、まずタイムラインの画面を表示します。

Settings0

▲画面右上にある星のアイコンをクリックします。画面はWeb版ですがスマホアプリ版も同じ位置にアイコンがあります。

Settings

▲デフォルトはトップツイートが優先的に表示されている状態です。下にある「最新ツイート表示に切り替える」をクリックすると時間順に変更することができます。

Settings2

▲もう一度クリックして「最新ツイートが投稿順に表示されます」と表示されれば成功です。

ただし説明にあるように一定時間アクセスしないと元の状態に戻ってしまうようです。元の状態に戻った場合再度上記手順を実行すると良いでしょう。

まとめ

Twitterのタイムラインの表示を時間順に変更する方法を説明しました。一定時間アクセスしないと元に戻るのがいやな場合、TweetDeckやTweetBotなど、公式のTwitterアプリ以外を使用する方法もあります。

スポンサーリンク