【Tips】Ubuntu 18.04 LTSをVMware Fusionにインストールする方法

S 20180720 140157

Canonicalは2018年4月、Ubuntuの最新長期サポート版「Ubuntu 18.04 LTS」をリリースしました。

長期サポート(LTS)版は5年間セキュリティアップデートが提供される事が保証されているため、サポート終了となる2023年4月までは安心して使い続けることができることになります。

今回はこのUbuntu 18.04 LTSをVMware Fusionにインストールして使用する方法を説明します。なおスクリーンショットはmacOS用のVMware Fusion 10のものですが、ほとんどの内容はWindows用の仮想化ソフトウェアであるVMware Workstation等にも適用できる内容だと思います。

以下具体的な方法です。

Ubuntu 18.04 LTS仮想マシンの準備

まずUbuntu 18.04 LTSのISOファイルをダウンロードします。Ubuntuの場合、公式サイトからダウンロードできるものと、日本語Remix版が存在しますが、今回は日本語Remix版の「ubuntu-ja-18.04-desktop-amd64.iso」を使用しました。

次にVMware Fusionで新規仮想マシンを作成します。「ファイル > 新規」を選択します。

S 20180720 132732

▲「インストール方法を選択」の画面でダウンロードしたISOファイルをドロップします。

S 20180720 132816

▲ISOファイルがUbuntu(64ビット)18.04と認識されました。「続ける」をクリックします。

S 20180720 132925

▲「Linux簡易インストール」画面では簡易インストールを実行するかどうかを選びます。「簡易インストールを使用」にチェックを入れるとLinuxのインストールプロセスを簡略化できますが、どのような設定が行われるのか分かりづらくなります。今回は簡易インストールのチェックを外し、通常インストールを行う事にしました。

S 20180720 132939

▲「ファームウェアタイプを選択」では「レガシーBIOS」のままにしておきます。

S 20180720 132952

▲仮想マシンの設定が完了しました。

標準状態ではハードディスクの容量20GB、メモリ1GB、CPU1コアとかなり控えめな設定になっています。実用する場合ハードディスク40GB、メモリ2GB、CPU2コアぐらいは欲しいところです。変更する場合「設定のカスタマイズ」から可能です。

Ubuntu 18.04 LTSのインストール

設定が完了した仮想マシンの電源をオンにするとUbuntuのインストールが始まります。

S 20180720 133111

▲画面中央のアイコンをクリックします。

S 20180720 133226

▲「Ubuntuをインストール」を選びます。

S 20180720 133256

▲キーボードレイアウトを選択します。

S 20180720 133330

▲「アップデートと他のソフトウェア」では「通常のインストール」を選びます。

S 20180720 133342

▲「インストールの種類」では「ディスクを削除してUbuntuをインストール」を選びます。

S 20180720 133417

▲場所を選びます。

S 20180720 133441

▲ユーザー名とコンピューター名を設定します。「自動的にログインする」にチェックを入れておくとログイン
ごとのパスワードの入力を省略できます。

S 20180720 134809

▲再起動するとソフトウェアのインストールが始まります。

S 20180720 134848

▲インストールが完了するとデスクトップが表示されます。

VMware Toolsはopen-vm-toolsで

これまでのように標準のVMware Toolsをインストールしようとすると「open-vm-tools are available from the OS vendor and VMware recommends using…」といったメッセージが表示され、open-vm-toolsの使用が推奨されます。

これに従いopen-vm-toolsをインストールする場合以下のコマンドを実行します。

$ sudo apt-get install open-vm-tools

なおopen-vm-toolsを使用した状態でファイル共有を行う場合、以下のコマンドを使用します。

# vmhgfs-fuse .host:/ /mnt/hgfs

詳しくは以下の記事でも説明しています。

VMware FusionやWorkstationなどVMware製の仮想化ソフトウェアでは、ゲストOSからホストOSのフォルダに直接アクセスできる「共有フォルダ」と呼ばれる機

まとめ

Ubuntu 18.04 LTSをVMware Fusionにインストールするのはそれほど大変な作業ではありません。デスクトップ用途のLinuxとして人気のあるUbuntuを使ってみたい場合、仮想環境で試すのが簡単です。

スポンサーリンク