【Tips】VMwareでゲストOSからネットワーク接続できない場合に確認したいたった一つのポイント

2016 12 07 113110

ひさびさにVMware WorkstationにインストールしたCentOSを起動してみたところ「ネットワーク接続がありません」と表示され、全くネットワークに接続できない状態になっていることに気がつきました。

調べてみると、単にブラウザでサイトが表示できないだけでなく(=DNSの問題ではない)、pingでゲートウェイ含め他のホストに到達できないという、完全にネットワークが利用できない状態に陥っている様子。

最初はホスト側のWindows 10か、ブリッジネットワークの設定がおかしいせいかと思っていたのですが、思わぬところに原因がありました。

今回はこの問題を解決する方法を説明します。

「接続済み」でないと接続できない

2016 12 07 113140

結論から書くと、仮想マシンのネットワークアダプタの設定で「接続済み」にチェックが入っていなかったため接続できなかったようです。「接続済み」チェックボックスは、要するにネットワークアダプタを利用してネットワークに接続するかどうかを制御するためのもので、チェックが外れているとゲストOSでは全くネットワークが利用できないのです。

2016 12 07 113206

「接続済み」設定(英語だと"Connected")は、VMwareのステータスバーのネットワークアイコンをダブルクリックしたり、右クリックからコンテキストメニューを表示して切り替えることもできます。

なぜ「接続済み」のチェックが外れてしまったのか原因は不明ですが、VMwareのゲストOSがネットワークに接続できない場合、まず最初にここを調べるべきかもしれません。

スポンサーリンク