【Tips】Windows 10の過去のバージョンのISOファイルをダウンロードする方法

S 20190811 103747

Microsoftの最新のオペレーティングシステム「Windows 10」は、2015年にオリジナル版がリリースされた後も半年に一回のペースで機能アップデートを続けています。

現在までに多数のWindows 10のバージョンが公開されたことになりますが、公式サイトからはサポート期間中のバージョンのISOファイル以外は簡単にダウンロードすることができません。

今回はWindows用のフリーソフト「Rufus」を使用して、Windows 10の過去のバージョンのISOファイルをダウンロードする方法を説明します。

Rufusを利用してISOファイルをダウンロード

Rufusはもともと起動可能なUSBドライブを作成できるツールとして有名ですが、2019年4月に公開されたv3.5以降でWindows 8.1/10のISOファイルダウンロード機能が追加されました。

Rufusを利用してISOファイルをダウンロードする手順は以下の通りです。

Download1

▲「ブートの種類」で「ダウンロード」を選択してクリックします。

Download2

▲「バージョン」で「Windows 10」を選びます。

Download3

▲「リリース」でダウンロードしたいWindows 10のバージョンを選びます。

Download5

▲「エディション」「言語」「アーキテクチャ」を選ぶと「ダウンロード」ボタンが表示されます。

S 20190811 104521

▲ISOファイルの保存場所を指定するとダウンロードを始めることができます。

なおWindowsのISOファイルをダウンロードするスクリプトは「Fido: Full ISO Download Script」としてGitHubで公開されています。

まとめ

MicrosoftはなぜかWindows 10のダウンロードリンクを直接公開していませんが、Rufusを使用すれば簡単にISOファイルをダウンロードすることができます。テストや実験などで過去のバージョンが使用したい場合、覚えておくと便利なテクニックです。

I screenshot1 タイトル Rufus
公式サイト https://rufus.akeo.ie/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7472-rufus
説明 起動可能なUSBドライブを簡単に作成することができるソフトウェア。

スポンサーリンク