【Tips】Windows Updateが「再起動の保留中」のままになってしまう問題を解決する方法

S 20180629 105550

Windows 10環境でWindows Updateを実行すると、上記の画像のように状態が「再起動の保留中」になったまま変わらなくなる問題が発生する場合があります。

「今すぐ再起動する」ボタンをクリックすると、OSは再起動するのですが、更新プログラムのインストールは行われず、再起動後にWindows Updateの画面を表示しても状態は「再起動の保留中」のままになってしまうのです。

ここではこの問題を解消する方法を説明します。

SoftwareDistributionフォルダをリネームして再起動する

Windows Updateの問題を解消する方法にはいくつかの定番が存在します。

今回の問題もその中の一つである、Windows Update関連のファイルが保存されているSoftwareDistributionフォルダをリネームし、再起動するという方法で解消できる可能性があります(すくなくとも手元の環境では有効でした)。

以下の手順を実行します:

まず管理者権限でコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。

net stop wuauserv
ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
S 20180629 134929

コマンド実行後は再起動します。

S 20180629 135706

再起動後にWindws Updateの画面を表示すると、「更新プログラムのチェック」が可能になっていて、クリックすると最新の状態であることがわかります。

まとめ

Windows Updateが「再起動の保留中」のままになってしまう場合、SoftwareDistributionフォルダをリネーム(削除)し、再起動することで問題が解決する可能性があります。

同様の問題で困っている方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク